産後 バスト ダメージケア

産後のバストについて

産後バストのダメージケアの大事な5ポイント

出産後すぐにしっかりとバストケアをする
母乳の量を調節する
変化するバストに合わせて下着を選ぶ
ナイトブラを着用する
卒乳後からバストアップサプリを飲む

 

産後のバストのダメージケアをしっかりしていますか?

 

妊娠、出産、授乳という段階をえてバストのサイズや形はどんどん変わっていきます。
妊娠中であれば誰でも自然とバストサイズがアップします。
出産後も母乳でバストがぱんぱんになりバストサイズアップします。

 

バストに大きな変化があるので、
しっかりと産後にバストのダメージケアをしておかないと、
赤ちゃんが卒乳したあたりから、どんどんバストが垂れていきます。

 

産後のバストのダメージケアをしっかりしていますか?

 

一度、垂れ下がってしまったバストを元に戻すのは苦労するので、
出来るだけ垂れ下がらない様に産後にバストのダメージケアをしておくことが大事になってきます。

 

卒乳後にバストが垂れる原因

授乳がおわることで、体が母乳を作らなくなります。
「母乳を作らなくなる=乳腺の機能の低下」です。
そのためダメージケアをしておかないとバストはどんどん衰えていきます。

 

また授乳中は赤ちゃんに乳首を吸われたり、バストを引っ張られたりするので、
形が変形しやすいです。

 

産後のバストのダメージケアが大切

 

産後のバストのダメージケアをしっかりしていますか?

 

卒乳してからバストが垂れさがる人が多いですが、
実は出産後からバストのダメージケアをしておくことが大切です。

 

実はバストの形が一番崩れてしまうといわれているのは出産後すぐです。
理由は、赤ちゃんが飲むのに必要な母乳の量よりも多く母乳が出てしまうからです。

 

また、母乳は出せば出すほど出るようになってしまいます。
そのため母乳でいつもバストがぱんぱんになってバストのカップサイズがアップします。

 

そのため、出産後はバストの大きさに合わせて下着を選ぶ必要があります。
バストを支えて守ってバストアップしてくれる下着を身に着けることが大事です。
もし自分のバストサイズに合わない下着をつけていると、
どんどんバストの形が崩れていってしまいます。

 

夜に寝ていながらバストを正しい位置にキープするのを手助けしてくれる
ナイトブラを利用することで簡単にバストの形をキープできるようになります。
産後のバストに一番向いているナイトブラはこちら

 

しっかりとバランスのとれた食事を摂る

 

産後のバストのダメージケアをしっかりしていますか?

 

卒乳後にバストが垂れてしまうのが嫌であれば、
出産後からしっかりと栄養の整った食事をしていきましょう。

 

偏った食事をしていると、バストが垂れさがるどころか
大事な赤ちゃんへの栄養も失われてしまいます。

 

出産直後からしっかりと栄養の摂れた食事をしている方が、
卒乳後のバストが垂れにくいという統計データもあります。

 

卒乳後からバストアップサプリを飲む

 

産後のバストのダメージケアをしっかりしていますか?

 

卒乳がおわれば、バストアップサプリを飲むことができるようになります。

 

授乳中は赤ちゃんへお母さんの摂った栄養が行ってしまうため、
バストアップサプリは飲まない方がいいです。

 

バストアップサプリを飲みながらしっかりと自分のサイズに合った
ブラをしっかりと付けていくことで、卒乳後でもバストが垂れてしまったり、
バストのサイズダウンを避けることができるようになります。

 

友人が実際にバストアップサプリを購入してレビューをまとめていました。
写真付きで読みやすく、読むのに時間もかからないので、
気になる人は覗いてみてください。

 

ベルタプエラリア